離婚に強い弁護士の選び方(その1)

2016年1月14日実況中継

離婚に強い弁護士の選び方』のサイトを開設したのは2016年1月1日です。
このページではサイト開設後どのような作業をしたか、そしてその後の検索順位の変化などを報告いたします。

サイト開設後に最初に行ったこと『Google Search Console』(旧Googleウェブマスター)に登録することでした。

登録すると下記(図1)のようなメッセージが送られてきます。
【図1】
パフォーマンス改善

このメッセージに従い、検索パフォーマンスの改善のため、1から5までのステップを行いました。
青色のボタンをクリックするとそれぞれ設定する画面が開きますので、順番にクリックしていくだけです。

1は、すでにGoogle Search Consoleに登録しているので不要です。

2をクリックすると下記のような画面が開きます。下記(図2)のようなデフォルトの設定のままで問題ないと思いますので、変更しませんでした。
【図2】
サイト設定

3の国を選択では日本を選択します。この画面では言語の指定もできますがタグを設定しなければならないのでそれは設定していません。

4は私以外にサイト運営者はいませんので設定しておりません。事務員などに任せる場合には事務員のGoogleアカウントを設定してください。

5のサイトマップ送信は少し複雑になりますので、順を追って説明します。
まず初めにサイトマップ(sitemap.xmlというファイル)を作る必要があります。
『離婚に強い弁護士の選び方』のサイトはワードプレスで作られていますので『Google XML Sitemaps』というプラグインをインストールしておけば、自動的にサイトマップを作ってくれるので特に何もする必要もありません。
サイトマップができましたら、5番目の青色の「サイトマップを送信」のボタンをクリックしてください。下記(図3)のような画面が表示されます。
【図3】
サイトマップ送信画面

右上にある「サイトマップの追加/テスト」という赤いボタンをクリックしてください。
下記(図4)が表示されます。サイトマップのファイル名(通常はsitemap.xml)を入力して「サイトマップを送信」という青色のボタンをクリックすれば完了です。
【図4】
サイトマップ送信

サイトマップの送信に成功すると上記の図3に青色のバーが表示されます。そして送信されたページ数が表示されます。
『離婚に強い弁護士の選び方』のサイトでは88ページ送信されたことになります。
そして現在は46ページがGoogleにインデックスされていますが、送信直後は赤色のバーは表示されません。

インデックスされたかどうかはSearch Consoleの下記の画面(図5)で確認できます。
このサイトの場合は2016年1月10日にインデックスされたことがわかります。
【図5】
image3

Googleにインデックスされて初めて検索結果に表示される条件がそろいますので、上記のように『Google Search Console』には必ず登録してご自身のサイトの現状を確認することをお勧めします。

最後にインデックスにやっと登録されましたので『離婚に強い弁護士の選び方』のサイトも検索順位に表示されるようになりました。しかしまだまだ「離婚に強い弁護士」で89位、「離婚 弁護士 選び方」で63位と後ろのページです。

このサイトの場合は10日後にインデックされましたが、サイトによってはなかなかインデックスされないことがあります。その時はSearch Consoleを確認しサイトマップを一日一回は送信するなど行ってください。

さて、インデックスされてからが大変です。Googleがこのサイトの存在を認識したということですから更新をさぼるとすぐに順位が下がってしまいます。

特にインデックスされてから最初のひと月は要注意です。

ということで私も早速ホームページを更新しました。
今週もサイトの更新は続きます。何をどう更新したか、そしてその結果は、など次週も続けて報告いたします。

■検索順位経過報告

・2016年1月10日の順位
 離婚に強い弁護士:100位以内に表示されず
 離婚 弁護士 選び方:100位以内に表示されず

・2016年1月14日の順位
 離婚に強い弁護士:89位
 離婚 弁護士 選び方:63位

実況中継を随時確認したい方は「弁護士マーケプレミアムメルマガ」への登録をお願いいたします。

弁護士マーケプレミアムメルマガ登録はこちら

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ