人気ページのもっとも簡単な作り方

弁護士なら誰でも活用できるあるものを使えば、人気のページを簡単に作ることが可能です。

それは、判例を活用する方法です。

「どうして弁護士は条文の説明はするけど、判例の説明はしないのだろうか、判例を使って説明した方が説得力があるのに」と私は常々思っていました。

解決事例がお客にとって説得力があるのと同時に判例も説得力があり、意外と検索されているのです。

その判例を活用すると、例えば「離婚 裁判」で上位検索を狙う前に「離婚裁判 判例」で数多くのページを作るという方法があるのです。

民法770条1項では、下記の5つの「離婚原因」が記載されています。
①相手が不貞行為をしたとき
②相手から悪意で遺棄されていたとき
③相手の生死が3年以上明らかでないとき
④相手が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

この原因を基にページを作っても、普通は単に「5つの離婚原因」などのページを作り、1ページしか作れません。

しかし、判例を組み合わせて作ると、それぞれに数ページ作ることが可能になります。
しかも判例は意外と検索されているので、アクセス数を伸ばすことも可能になります。

つまり、他の弁護士は1ページしか作れない様な内容でも、判例を組み合わせれば、何ページも作れるようになるのです。

説明文のアレンジの仕方は多少工夫する必要はありますが、何かを説明するときに判例を活用すると、人気のページを簡単に作ることが可能になります。

【キーワード例】
離婚裁判 判例
離婚 慰謝料 判決
不貞行為 定義 判例
不貞行為 慰謝料 相場 判例
交通事故 判決例
労災 賠償金 判例

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ