サイトがコピーされていないかチェック

自分のサイトの中でも特に検索順位の高いページは、他の人にコピーされていないか、時々コピーチェックツールで確認しましょう

弁護士マーケティング研究会で使用してるコピーチェックツールは『影武者』というものです。
「コピーチェック 影武者」と検索すると見つかります。
月10回までなら無料ですので、気になるページがあったら、あなたも他のサイトにコピーされていないかチェックしてみてください。

使い方は極めて簡単です。

ステップ1.メールアドレスを登録し、ログインします。

ステップ2.チェックしたい文章をコピーし、テキストボックス内に貼り付けます。
copycheck1

ステップ3.「チェック開始ボタン」をクリックします。

ステップ4.コピー検知開始確認画面が表示されるので「OK」をクリックします。

数分程度の時間はかかりますが、下記のようなコピーチェック結果が表示されます。
copycheck2

最上部は、チェックした元の文章がある私のサイトなのでコピー率100%となっています。
これは自分のサイトなので全く問題ありません。

次は32.34%なのでコピーされていないことがわかります。

ひとつの目安として、私は
50%以下は気にしません
このツールは、元データの文章に使われている単語の使用率をチェックするものですので、 法律関係の文章ですと、法律用語など重複する単語は多くなります。
ですから、見た目に全く異なる文章でも、コピー率が30%、40%になってしまいます。
ですから私は50%以下はノーチェックです。

ただし、50%以上の場合は、一応そのページを自分の目で確認します。
70%以上ならコピーされた可能性が高いので、かなり慎重にチェックします

70%以上だと、てにをは、ですます、文章の前後を変える、一文を二文に分割、二文を一文に統合、 といったような初歩的な書き換えの場合が多いですので、70%以上なら「コピーされたな」とすぐわかります。
※ただし、70%以上でも文章を読むとコピーでない場合もあります

自分の文章が他のサイトにコピーされコピーページが存在することは、SEO的にマイナスです。 あまりに酷いコピーの場合には、そのサイトの運営者に修正依頼をするのも必要かと思います。

修正依頼する相手が法律事務所になる場合もあると思いますので、修正依頼の仕方には注意してください。

弁護士マーケティング研究会の『すごいぞ!セミナー』ではこんな情報もお教えしています
興味のある方は、まずは下記の無料メールマガジンに登録してください。
よろしくお願いいたします。

SEO対策MAX関連ページ

SEO対策MAXTOP
ホームページのタイトル
サイトがコピーされていないかチェック
文字数カウント

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ