YouTubeは活用できるか

営業力=接触時間×接触回数
というランチェスターの法則が今回のSNS活用セミナーのベースになっています。

この法則に照らすと、YouTubeは非常によいツールだということが弁護士マーケティング研究会では実証されています。
下図をご覧ください。

image07-s

このデータは、facebookに記事を書き、YouTubeの動画が張ってあるページを見てもらったときのものです。
YouTubeの動画を張ったページの滞在時間は16分03秒とかなり長い時間動画を見てくれていることがわかります。
つまり営業力の一要素であるユーザーとの接触時間を稼ぐことができたということです。

このようにYouTubeは、接触時間を稼ぐツールとしてはよい媒体だと考えられます。
ですから弁護士マーケティング研究会では、YouTubeの動画をとることができるのであれば、YouTubeをお勧めしています。

YouTubeのまとめ

image06-s

これはあくまで弁護士マーケティング研究会のYouTubeを営業ツールとして見た場合のまとめになります。

利用目的は、見込み客への情報発信です。新規見込み客を獲得するためには使用していません。

ビジネス活用度は、動画をとるのが少し難しいですが、無料ですし、導入難易度は小さいと考えています。 効果は、動画から直接申し込みページに飛ばすことはできず、最後にワンアクション入れる必要があるので、中としました。

とにかく見込み客との接触時間を増やすために使用する。
これがYouTubeの活用ポイントかと思います。

編集ポイントを作って話す、など動画作成のコツはありますが、それはマーケティング、営業の話とは別ですのでここでは割愛します。
とにかく、ある程度の見込み客ができましたら、動画を作り、YouTubeにアップすることをお勧めします。

あなたの集客、営業の参考になれば幸いです。
このような情報を無料メールマガジンで配信しています。
無料マガジンへの登録がまだの方は、よろしければ、下記からご登録ください。

SNS活用方法関連ページ

SEO対策MAXTOP
Twitterを使わなくなった理由
YouTubeは活用できるか
ブログからどうやってホームページへ誘導するか?

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ