日本語.comなどの日本語ドメインはだめですか

もし予算に余裕があるのならば、日本語ドメインを取得してください。
弁護士マーケティングでは積極的に「日本語.com」などの日本語ドメインの取得を勧めています。

ただしメインのドメインは、sample.comのように英数字.comのようなドメイン名を取得してください。

理由は、日本語ドメインはホスティング会社やgoogleなどにサイトを登録する際に手間がかかります。
ですから、慣れるまでは英数字.comのドメイン名をメインにすることをお勧めします。
その上で日本語ドメインが空いていれば取得してください。

だいたい、英数字.comが取得できればその日本語読みの日本語ドメインは空いていることが多く、取得できます。

例えば、港区の弁護士が「minatoku-bengoshi.com」というドメインを取得した場合、
「港区弁護士.com」というドメインを今すぐ使うことはなくても、将来のために取得しておくことをお勧めします。

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ