ホームページは何ページくらい作った方がいいですか

弁護士マーケティングでは、ホームページを見てくれる利用者に十分な情報を提供しようとするのであれば、最低30ページは必要だと考えています。

ページを作るときは、思いついた項目から順番に原稿をワード文書などで作成しておくとよいです。
そして30ページくらいできたところで、目次を作り、トップページの文章を考えてください。

またヤフーやグーグルなどの検索サイト対策としても、最低30ページは必要と言われていますので、 30ページを目安に原稿を作成してください。

ページ数を簡単に増やしたいのであれば、弁護士マーケティングでは、よくある質問の項目を作ることをお勧めします。
よくある質問で一問につき1ページを作れば、30ページはそれほど問題なく作れると思います。

ぜひ、がんばって30ページを目標に原稿を作ってみてください。

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ