最低4つのホームページ

ホームページを作るときは、最低4つのホームページを作りましょう。

理由は単純です。

例えば、離婚問題で悩んでいる方が、弁護士を探しているとします。
その方の目に留まるのは、離婚を専門に扱っている弁護士のホームページです。

離婚問題で悩んでいる方の目に留まるホームページのタイトルは、 下記のどちらだと思いますか。
A:「離婚でお悩みの方は、○○法律事務所まで、初回相談30分無料」
B:「トラブルを抱えて弁護士をお探しの方は、××法律事務所まで、初回相談30分無料」

Aのタイトルのホームページの方がクリックしたくなるでしょう。

ですから、離婚の依頼を獲得したければ、離婚中心のホームページを作る必要があります。

同様に相続用のホームページ、刑事事件用のホームページを作る必要があります。

最低4つのホームページの内訳

では最低4つのホームページと言っていますが、具体的にどんなホームページがよいのか、といいますと、

1.法律事務所の総合案内の事務所のホームページ
名刺などに書く、事務所のURLやメールアドレスに使用するホームページです。

2.専門性のあるホームページ3つ
例えば、企業顧問のホームページと離婚のホームページと債権回収のホームページ。
というように専門性を打ち出したホームページを3つ作ります。

このように最低でも4つのホームページを作れば、弁護士の成功確率は高くなります。

当社が弁護士にアドバイスできること

最低4つのホームページといっても、まだピンとこない弁護士の方も多くいると思います。
当社のホームページ活用コンサルティグでは、どんなホームページがよいか、
お客さまの弁護士の先生と話し合い、アドバイスをしながら決定します

弁護士の先生が不得意とする弁護分野のホームページを作って集客しても、依頼する一般市民に迷惑をかけるだけです。
弁護士の先生と十分に話し合いながら、弁護士の先生が満足し、依頼者にも迷惑にならないような、 その先生がやりがいのある分野のホームページの作成を決定します。

ホームページ活用は早い者勝ちです

ホームページを活用し売上を上げるなら、即実行です。
それが、ホームページから売上を上げるはじめの一歩です。 ホームページを活用する気になりましたら、当社にご相談ください。

弁護士ホームページ関連ページ

弁護士ホームページTOP
ホームページを安く作る方法
最低4つのホームページ
最低4つのドメイン名を取得する
法律事務所のホームページ制作会社の選び方

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ