Step1 キーワードの決め方

ホームページを作る前に、ホームページ全体を通してのキーワードを決定します。
キーワードは漠然とした単語よりは、具体的な単語の方がよいです。

キーワードを考えるときは、お客様の身になって、あなたの対象としているお客様なら、 どんなキーワードを入力して、業者を探そうとするか想像して、キーワードを決めてください。

例えば、離婚を考えている主婦ならどうするか、具体的にお客様を想定してください。
「離婚」というキーワードは使いますよね。
次はなんですか。「慰謝料」ですか。
「慰謝料」もいいかもしれませんが、より本気度が高いのは、「弁護士」ですよね。
「離婚 弁護士」これなら本気で離婚を考えている人と想像できます。
「離婚 慰謝料」これでは、まだ緊急性は低いかもしれません。
できれば緊急性の高いキーワードの方が、あなたのホームページを見たときに、 お問い合わせ、依頼までつながりやすいです。

レストランでもそうです。
「レストラン 渋谷」よりも「イタリアンレストラン 渋谷」の方がより具体的です。
このようにお客様を具体的に想定し、キーワード決定してください。

お客様の想定が難しい場合には、メインキーワード+サブキーワード1+サブキーワード2(必要ならば地域名)と考えるとわかりやすいです。
あなたが弁護士であれば、メインキーワードは「弁護士」、
あなたがレストランのオーナーなら「レストラン」がメインキーワードになります。

次に今回作るホームページが離婚に関するものであれば「離婚」がサブキーワードになります。
レストランなら何のレストラン「イタリアン」というのがサブキーワードになります。
さらに「東京」などの地域名を加えるとよいかもしれません。

特に地域特化型の業種は、地域名を入れることは効果的です。
なぜなら東京のお客様にしかサービスを提供できないのに、福岡のお客様がホームページを見に来られても商売につながらないからです。
地域特化型の業種の方は、地域名には敏感になってください。
地域名に関しては、こちらの横浜市、横浜、どっちが正解の無料ビデオを参考にしてください。

ターゲットを絞り込んだキーワードの例
「イタリアンレストラン 新宿」
「刑事事件 弁護士 横浜」
「相続税対策 税理士 東京」
このような感じになります。

具体的といっても、キーワードは上記のように3つまでの組み合わせにしてください。

まとめ

キーワードの決め方のポイントは下記の通りです。
1.お客様どんなキーワードを入力して業者を探すか想定する
2.メインキーワード、サブキーワード1、サブキーワード2の2つか3つに絞る
3.地域特化型の場合は、サブキーワード2に地域名を入れる

ホームページの作り方関連ページ

ホームページの作り方TOP
Step1 キーワードを決定する
Step2 ドメイン名を取得する
Step3 ホームページを登録する会社を選ぶ
Step4 ホームページのテンプレートを選ぶ
Step5 ホームページの原稿を作る

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ