Step4 ホームページのテンプレートを選ぶ

いよいよホームページの作成です。
しかし、プログラミングもわからない素人がホームページを作ることは大変です。
そこで、あらかじめフォーマットが決まっているホームページのテンプレートを購入し、 そのフォームにしたがって、文章を変更し、自分のホームページを作ります。

テンプレートを利用するメリット・デメリット

テンプレートを利用するメリットは、ホームページの作成が楽だということです。
テンプレートのフォーマットにしたがって、文字を入れ替えれば、とりあえず、 ホームページが完成できます。

テンプレートのデメリットは、自分の気に入ったデザインのホームページが作りにくい、ということです。
テンプレートはあらかじめデザインと形式が決まっていますので、自分勝手にデザインを変えることは難しいです。
とにかくホームページのデザインにこだわる方は、テンプレートの利用は向いていません。

どのテンプレートがよいか

テンプレートを選ぶ際には、SEO対策されたテンプレートを選んでください。
SEO対策されていないテンプレートだと、ホームページの検索結果で上位表示が難しく、せっかくホームページを作っても 多くのユーザーに見てもらえないことがあります。
慎重にテンプレートを選んでください。

弁護士マーケティング研究会がお勧めするテンプレートは、下記の「賢威」です。

実は「弁護士費用」でトップページに表示される弁護士費用の相場ってどれぐらい?
「静岡 弁護士」でトップページに表示される静岡の弁護士の探し方
この弁護士マーケティング研究会のサイトイトも「賢威」のテンプレートを使用しています。

まとめ

テンプレートの利用に関しての弁護士マーケティングのまとめは以下の通りです。

1.ホームページ作成を楽に行いたいなら、テンプレートを利用する
2.デザインにこだわる人は、テンプレート利用には向かない
3.テンプレートはSEO対策されたものを選ぶ
4.弁護士マーケティング研究会のお勧めは「賢威」

ホームページの作り方関連ページ

ホームページの作り方TOP
Step1 キーワードを決定する
Step2 ドメイン名を取得する
Step3 ホームページを登録する会社を選ぶ
Step4 ホームページのテンプレートを選ぶ
Step5 ホームページの原稿を作る

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ