Step2 ドメイン名を取得する

ホームページの作成で、まずはじめに行うことは、ドメイン名を取得することです。
年間維持費は、580円から2980円くらいです。

ホームページには、そのホームページがあなたのものであることを示す唯一の名前が必要になります。
例えばトヨタ自動車のホームページであれば、http://toyota.jpと入力すると、トヨタ自動車のホームページが表示されます。
このtoyota.jpにあたるのが、ドメイン名です。
ですから、ホームページを開設するには、まずはじめにドメイン名を取得する必要があります。

ドメイン名は、世界にひとつだけで、ドメイン名の取得は、早い者勝ちです。
ですから、自分がほしいと思ったドメイン名は早めに取得しておくことをお勧めします。
有名なドメイン名はすでに取得されているかもしれませんが、
下記のムームードメインというドメイン名を格安で取得できる会社で、
希望のドメイン名が取得できるかどうかを調べることができます。


どんなドメイン名がよいか

理想のドメイン名は、短く覚えやすいものです。
例えば、離婚弁護士であれば「rikon-bengoshi.com」などは比較的覚えやすいドメイン名です。
弁護士であれば、単純に「bengoshi.com」というドメイン名が取得できれば取得したいものです。

しかし残念ながら「rikon-bengoshi.com」も「bengoshi.com」も、すでに誰かに取得されているようです。

このような時は、東京都港区で開業しているのであれば、「minatoku-bengoshi.com」でもよいです。
こうして地名を付けておくと、意外と取得されていないことがありますので、上記のムームードメインで調べてみてください。

ローマ字読みがよい理由

ドメイン名はローマ字読みがよいです。
例えば、弁護士であれば「law」よりは「bengoshi」。商標であれば「syohyo」です。

遠藤法律事務所なら「endo-bengoshi.com」です。「endo-law.com」ではありません。
理由は、一般の消費者が覚えやすいというのを優先させるということです。
もしあなたの弁護士事務所が大手企業の法務部門向けのサービスならlawの方がよいでしょう。

どの会社で取得すべきか

ドメイン名を取得するのには、先にも紹介しましたムームードメインという会社がいいでしょう。
理由は格安で初心者でも使いやすいからです。


上記のバナーのホームページをから欲しいドメイン名を入力し、取得可能か調査してください。
ドメイン名の後ろのcomとかjpなどは、国を識別するものです。
アメリカならcom、日本ならばjpですが、jpは年間の維持費が2980円、comであれば950円ですので、 comが空いていればcomを取得するようにしましょう。

また、予算的に余裕のある方は、今後必要と思われるドメイン名を5個ぐらいは、先に取得しておきましょう。
ドメイン名の取得は、将来使うことになったらでよいだろうと思うかもしれませんが、ドメイン名の取得は早い者勝ちです。
あなたが欲しいと思った時にそのドメイン名が空いているとは限りません。
予算に余裕のある方は、早めに多くドメイン名を取得しておきましょう。

まとめ

ドメイン名取得に関しての弁護士マーケティングのまとめは以下の通りです。

1.ドメイン名の取得は、早い者勝ち
2.ドメイン名は、覚えやすいもの。「地域-名称.com」がねらい目。
3.ドメイン名は、ローマ字読み
4.予算があれば取得できるうちに、いくつもドメイン名を取得しておく
5.年間維持費の安いcomドメインを取得。5つくらいは確保しておきたい

ホームページの作り方関連ページ

ホームページの作り方TOP
Step1 キーワードを決定する
Step2 ドメイン名を取得する
Step3 ホームページを登録する会社を選ぶ
Step4 ホームページのテンプレートを選ぶ
Step5 ホームページの原稿を作る

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ