見込み客にフォーカスする

あなたが最もやらなければならないことは、見込み客にあなたの存在を知らせ、見込み客からあなたに問い合わせをさせることです

ですからすべてのマーケティングを見込み客にフォーカスして考えてください。

では、あなたを探している見込み客とはどのような人でしょうか。

考えてみてください。

見込み客がどんな人か想像できないと、見込み客を集めることはできません

具体的な例としては、

息子が居酒屋で他人を殴ってしまい、警察に捕まった。という連絡を聞いた父親で、インターネットで弁護士を探している。

ここまで具体的にイメージしてください。

このように、見込み客をいくつもイメージしてください。

そうすれば、そこから見込み客がどのように弁護士を探しているか見えてきます。

まずは見込み客にフォーカスし、あなたが対象としている弁護士を探している見込み客を洗い出し、その見込み客はどのような方法で弁護士を探すかを想像して整理してみてください。

弁護士マーケティング関連ページ

弁護士がマーケティングを学ぶ理由TOP
マーケティングとは
3タイプのお客様
見込み客にフォーカスする
ブログとホームページどちらがよいか
24時間365日電話受付
マーケティングマインドをもつ理由
最強インターネットマーケティングプレゼン資料

サブコンテンツ

ランキング

このページの先頭へ